« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

最近の様子

Photo_2 塩水選したお米のタネモミを温湯処理しました。温湯処理とは、60℃のお湯で7分間タネモミを熱湯消毒する事です。無農薬のお米作りには大切な作業です。

Photo_3 こちらはお米の種まき機です。この機械では苗箱一枚に最少で35グラムのタネモミを播く事ができます。ひと箱あたりのタネの量は普通の農家の四分の一くらいです。タネを薄く播くと良い苗ができます。

Photo_4  お米の苗を置くところをならしました。お米の苗の水やりの手間を少しでも省くためには置き床が平らであると良いです。

Photo_5  苗を並べました。今年の苗は600枚です。並べる作業もとても大変です。先日、掘っていただいた井戸から水をやりました。

Photo_6 長ネギの定植もしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

塩水選、堆肥撒き

 しばらく、日記を書いていませんでした。

 このところ天気が悪いです。2月20日くらいからずっと天気が悪い気がします。

Photo お米の種を選抜する作業を塩水選と言います。お水に塩を加えて1.15の比重にして浮いてきた軽い種を取り除きます。本当は比重1.17が良いですが、あまり選抜をしすぎるのももったいないので、1.15です。(重要度★★★)

Photo_2 塩水選の前にはノギ取りもしました。お米のヒゲを取り除く作業です。(重要度★★★)

Photo_3塩水選を終えた種は水洗いして種モミの塩分を取り除きます。この作業を怠ると発芽に悪影響を与える場合があるそうです。(重要度★★)

Photo_4塩けを取ったタネモミはビニールハウスなどで乾燥させます。乾燥が不十分なまま温湯処理をするとタネモミが死んでしまいます。重要度(★★★★)

Photo_5トウモロコシを植え付ける予定の畑に落ち葉堆肥を撒きました。畑全体に撒くのではなくてトウモロコシを植え付けるところだけです。貴重な堆肥は、無駄のないように使います。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »