« 2013年、始まりです | トップページ | 金時ニンジン »

2013年1月21日 (月)

温床、畦を壊す

20130121112118


20130119140612写真がぼやけていますが御許しください。

 春夏野菜の苗を育てるための温床作りが始まりました。有機農業は苗8分作と言われるくらい苗作りが大事です。苗は育てる床土と水管理、温度管理で決まります。苗を買ってきて栽培して無農薬栽培と言う方がいますが、認識が甘いです。苗には作物の生長に使われる農薬の3割くらい使用されています。無農薬だと床土がいい加減だとうまく育ちません。また、温度が低いと有機肥料が効いてこないので、生長が悪いです。無農薬の苗は難しいです。

 温床には昨年、使った落ち葉やワラが入っていました。この古い落ち葉などは堆肥にして、新しい落ち葉などを醗酵の材料にします。うまく醗酵するでしょうか。

 

田んぼは畦を取りはらって、隣の田んぼどうしをつなげました。無農薬のコメ作りは田んぼが平らで高低差が5センチいない、本当は2、3センチでないといけません。段差がある田んぼどうしをつなげると高い所と低い所の差が10センチや20センチくらいできてしまいます。私の耕作している田は、一枚一枚が非常に小さいので、田んぼに畦という枠がたくさんあります。この畦草刈が夏になると大変です。畦草刈りを減らすには、畦を取りはらって、一枚一枚を大きくすれば良いという単純な発想で、4、5年前に畦を取り払いました。そうしたら田んぼの高低差がひどくなって、ヒエなどの雑草が大量に繁茂しました。

 そういう経験があり、畦を取り払うのはしばらくしておりませんでしたが、昨年から少しづつ、田んぼを平らにするやり方が分かってきました。

|

« 2013年、始まりです | トップページ | 金時ニンジン »

コメント

畦を取っ払う勇気に、僕も頑張ろうと思いました。。2枚の高低(たかひく)を均すの頑張って下さい!

投稿: けん(山口けん) | 2013年1月21日 (月) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 温床、畦を壊す:

« 2013年、始まりです | トップページ | 金時ニンジン »