« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月20日 (金)

落ち葉集めです



131220_102220昨日は雨で、今日は天気予報では荒れた天気という事でした。近くの神社の樹齢100年とかもっと長く生きているケヤキの落ち葉を自治会の方が集めてくれたので、それを堆肥の材料にするために、もらいに行きました。

131220_134959

落ち葉を軽トラックに乗せていたら、ヒョウが降ってきました。でも、途中でやめると、明日に作業が残ってしまいます。

131220_155226結局、軽トラック3台分もらいました。精霊が宿っているような大木の落ち葉です。良い堆肥の材料になりそうです。

131220_181330母がよく作る白菜の甘酢付けを今晩作りました。白菜を短冊切りにして、塩をまぶし、おもしをして、白菜をしんなりさせます。適当なおもしがない場合は机でも良さそうです。

131220_181553しばらくして、しんなりしたら、良く水気をしぼります。

131220_181608水気を絞った白菜に、ごま油、酢、砂糖、生姜のみじん切り、トウガラシを混ぜて、フライパンで沸騰させた汁をかけます。

131220_182218

すると完成します。砂糖やトウガラシの量に気を付けてください。砂糖は多めです。完成して二日目のほうがおいしいです。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

大豆の脱穀作業です

131217_160713援農の方とおじさんが大豆の津久井在来を脱穀しています。かなり古い機械で、良く作業がストップします。いつか大豆の専業農家になりたいと思っています。大豆は自給率1パーセントです。神奈川の自給率は0.01パーセントくらいです。世界は食糧難の時代に突入していますが、ほとんどの日本人は、その事が分かっていないようです。大豆は脱穀や選別など手間がかかります。機械化すれば早いですが、大豆の機械はとても高価です。コンバインは1000万円くらいします。でも、いつかその機械にのって大豆を収穫している自分を想像してしまいます。そういう事を嫁の前で言うと怒るので言いません。

 でも、来年から面積を増やします。ちゃんと販売しないといけません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

広島菜

131216_151724先週の日曜日に水に浸して吸水させた赤い玄米モチを搗きました。玄米モチはなかなかモチにするのが難しいので、課題であります。今回も納得できるものはできませんでした。29日の本番には間にわせたいです。

 
131216_151715131216_154752

131216_154822


関東の人にはなじみが薄いかもしれませんが、広島県の特産に広島菜という野菜があります。見た目は小松菜のような白菜のような野菜です。野沢菜のように広島菜は漬物にして広島県では販売されているようです。

 今年、私の母方のお祖父さんが亡くなりました。お祖父さんは広島県出身で、第二次大戦で兵隊として、アジアに出兵して、腕を貫通する銃弾の被弾を受け、その怪我が回復するとまた、戦地に行き、今度はマラリアにかかり、帰還するという、今の人から考えると、壮絶な人生でした。

 NHKでファミリーヒストリーという番組があり、色々な有名人の親が祖父などその人のルーツとなる物語を知る事ができます。きっとお祖父さんもそのような波乱万丈な人生だったかもしれません。そのお祖父さんのルーツをめぐる旅を兄やおじが今年してきました。その旅の御土産が広島菜の種でした。神奈川でもちゃんと出来ました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月14日 (土)

今日からトンネル栽培

131214_144040一年間、無農薬の露地栽培で野菜を切らさずに出荷するのは、簡単ではありません。

 野菜は春になると花が咲き、種を付けて野菜として出荷できなくなってしまいます。また、冬の寒い間に、野菜が育たなくなると出荷する野菜がなくなってしまうので、こうやって透明のビニールをかけて、保温して野菜を育てます。50メートルくらいある畝にビニールをかけて、土の重さでビニールが飛ばないようにします。

 今日のブログ用にに畑に来ていたムツミに、今きかいで、パーっと土をカッコ良くかけるから、写真撮ってくれと言ったのは良いですが、子供とまごまごしていて、なかなかシャッターを切ってくれません。そのうち、横風が吹いて、ビニールが飛びました。こういう事もあります。イライラしてはいけません。大根や葉野菜、ニンジン、カブを少しづつ、2月まで種まきします。

131214_150237

131214_130153おじさんがお肉をごちそうしてくれました。ついでにパンも焼きました。今日はなかなかのパンでした。形になりつつあります。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月13日 (金)

麦発芽(祝)

131213_140043_310日くらい前に種まきした小麦や大麦が芽を出し始めました。ちゃんと芽が出て良かったです。播き直ししなくて良さそうです。これからは雑草に負けないように何かしらの対策を考えなくていけません。麦の条間をトラクターで耕そうかと思います。間違えて、麦を耕さないようにしなければいけません。

131213_135930ニンニクの通路には勝手にマスタードリーフが生えています。食べ物なので、雑草として引っこ抜く事が気がひけてできませんでした。どうしよかと考えています。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

餅つきは29日です。

131212_151831今日から野菜は夕方収穫します。霜が降りて朝どりはできなくなりました。


131212_165759東京長カブは甘いです。大根と間違えないでください。


131212_170015子供がご飯作りを手伝い始めました。


今年のお餅搗き大会は29日(日曜日)です。朝、10時からどんどん搗き始めて、のして、食べてをします。のし餅を持って帰りたい方は、事前にご連絡ください。モチ1キロ700円です。搗きたてのあんこもち、きな粉モチ、大根モチ、汁など食べます。

玄米モチを希望の方は20日までにご連絡ください。分づきは25日までにご連絡ください。

131212_151825

131212_175301今晩はフライドポテトにして、ジャガイモを食べています。塩加減が大事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

年末です

131209_114421今日は久しぶりのまとまった雨でした。明日から寒くなるそうですね。梨農家の橋本さんの梨園のお手伝いに田んぼのワラを引き上げて、梨の木の株元にしく作業をします。ジャガイモ堀が終わり、麦播きも終わり、里芋を堀りとしていると年末になります。橋本さんのお手伝いをする時期になると年末を感じます。雨が降ると、田んぼがぬかるんで、ワラを出せないので、晴れているうちになるべく済ませます。

131208_152649日曜日は有機農業の勉強会の日でした。集会場でしました。息子は講義の間も、集会場の一室で楽しく大きな笑い声とともに遊んでいました。でも、参加者のみなさんは熱心で、息子の笑い声など気にしていなかったようでした。

131207_100352田んぼを耕して、来年の備えます。

131210_174020_2城南小松菜のナムルです。茎が折れやすい城南小松菜はおいしいですが、茎が折れやすいので、市場向きではないという事で作る人がほとんどいなくなりました。ごま油と醤油、ニンニクでナムルにします。

131210_174743_2こちらは大根のかば焼きです。お皿は最近、ムツミが始めた陶芸のひと作です。テーブルに置くと少し、がたがたするお皿です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 3日 (火)

今年最後の畑の日でした

2013113015400003日曜日は今年最後の畑の日でした。畑の日?と思う人もいるかと思いますので、説明します。

 もう何年も前に目黒のアサンテサーナカフェというカフェの店長さんの佐山さんと、その時はカフェの開業を目指していて、現在は池尻大橋でumuiさんというお店をしている佐藤さん家族が、田んぼの草取りに来てくれました。援農という言葉を耳にした事があると思いますが、農業をしている人を応援しようという、取り組みです。あれから毎月、佐山さんは自宅のある平塚から自転車で、畑に来られて、佐藤さんもお店を始めて、忙しくなるまで、来られました。佐山さんが畑作業というのはとても楽しくて気持ち良いから、もっと多くのみなさんに体験してもらいましょうという事で、目黒のお店に来る御客さんに、「明日、畑に行きましょう」と声をかけて下さって、毎月たくさんの人が来られました。百聞は一見にしかずで、畑作業は体験した事がない人にとっては、とても刺激的だったと思います。産直野菜で顔の見れる関係、安心安全と言いますが、安心安全はそんな簡単な言葉ではありません。でも、畑に来ていただいて、農家の人と一緒に汗を流し、何か同じ目標が持てればすばらしい事だと思っています。私は一方的にお手伝いをしてもらう側で、「ありがたやぁ」と思っていましたが、アサンテサーナカフェさんが今年で閉店となるので、いや困ったなあと正直思うわけです。私にとっては、心の支えであったので、「どうしよう」とも考えます。でも、日曜日に参加して下さった方が、続けてほしいと言ってくれたので、来年以降もやりたいと思います。1月は26日(日曜日)を一応予定しております。

 写真は玉ねぎの苗を抜き取っている所です。

2013120108550000朝、お昼ご飯のカブを子供と一緒に洗っています。

131201_125030カフェのみなさんが畑で採れた野菜とお米、お味噌で作ってくれたお昼ご飯です。やはりプロが作るご飯というのはおいしいですね。妻のご飯もおいしいです。

2013120309210000畑の日とは関係ありませんが、右回りの回転している大根です。畑の作業をしている時は、なかなか写真が撮れないので、作業の写真がありません。













| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »