« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月23日 (土)

もち米

今年も残り少なくなってきましたね。

1513974889234.jpg

1513974898940.jpg
12月30日はもちつきのえんのうの日です。
朝10時からお餅つきを皆さんで行い、のし袋にいれて伸して、ご注文いただいたお客さんに持って帰っていただきます。3分づき(玄米に近い)、七分づき(白米に近い)があります。共に一キロ700円です。餅米を水に浸す用意などありますので、25日くらいまでにご連絡下さい。vegetaro@gmail. com 駐車場を近所でお借りできました。お車で来られる方はご連絡下さい。
 お昼ご飯はつきたての大根餅、きな粉、小豆です。農園で収穫できたものです。昨年と同じで、ぶり大根や汁物も用意します。雑貨屋さんやパン屋さん、農園の米麹も販売するフリーマーケットや、ミニ門松作りもします。ぶり大根のぶりは天然が良いですが、今年は不漁で、スーパーで買えるかどうか分かりません。

 餅米の販売をしています。農園ではお米を収穫したあとは乾燥機で乾燥します。天日干しと同じになるように水分は16.5%に設定します。そのお米は籾殻がついたまま蔵に入れて、貯蔵します。そうすると、冬の乾燥で自然に水分が落ちて、美味しくなります。収穫したお米はどうしても乾燥ムラがあります。よく乾いたところとそうでないところとあります。農協やお米屋さんに出荷する場合は水分が15%と決まっています。餅米は14%です。水分を低く設定するとあまり美味しくありません。しかし、水分を低く設定しないと、短時間で乾燥させるには水分ムラがあるので、市場出荷のような玄米発送には保存のためにむきません。だから、水分15%と決まっているそうです。
 農園は市場出荷はしていません。だから、美味しい水分や保存方法を選んでいます。しかし、餅米は水分が低くならないと、白くならないそうです。だから、まだ白くない餅米が農園の餅米には混じっています。時間がたてば白くなりますが、買った方の中には白くないもちゴメを見て、うるち米が混じっていると思う人もいると思います。
 見た目よりも出来るだけ自然に近く、美味しい方法を選んでいるのでご了承下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月16日 (土)

大豆の販売について

お陰さまで大豆の販売を始められます。
津久井在来大豆が一キロ900円、10キロ7000円です。無農薬無肥料の津久井在来は大変貴重です。
さといらずという在来大豆も一キロ900円、10キロ7000円です。新年から味噌作りように大豆とこうじ塩のセットの販売も考え中です。
厚木で麹谷さんを始めたいかりさんが農園の無農薬のお米を麹にしてくれます。麹は2キロで、2700円です。麹2キロと大豆2キロ、お塩1キロでお味噌を8キロくらいのお味噌ができます。そういうお味噌作りセットもまた、復活したいです。

1513513063929.jpg

1513513070217.jpg

秋じゃが掘り、もう少しです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

フルボサン鉄

1513190893783.jpg

1513190905082.jpg
毎年、この時期になるとせわしなくなってきます。あと何日でお正月なんて数えてしまうからです。
 まだ、ジャガイモ掘りや玉ねぎの植え付けがうんとあります。
 日曜日は森は海の恋人で有名な気仙沼の牡蠣養殖の畠山さんの公演が上野であって、会場ボランティアは無料だから、ボランティアに息子と行きました。朝早くから電車で上野駅に行きました。
 畠山さんは311の津波で養殖場やおかあさんを流されてしまったそうです。若い時から牡蠣養殖に熱心で、良い牡蠣を作るという事で有名だったそうです。しかし、高度経済成長の時に、養殖場の海に赤潮が出て、牡蠣にも赤潮の影響で、出荷できないような、赤い牡蠣がたくさんでたようです。周りの養殖仲間は養殖やめようと言って、やめていったそうです。そんなときに、フランスの養殖場を見学したら、森を大切にしているか❓と言われてはっとしました。海に流れるお水を作っている森を荒らすと、腐葉土などに本来含まれるフルボサン鉄が海の海水に含まれなくなり、赤潮発生原因になるそうです。当時はこういう考えは日本にありませんでした。そして、赤潮に悩んでいる畠山さんに、追い討ちをかけるように森にダムを建設する話しが上がったそうです。まだ、森のフルボサン鉄が牡蠣養殖には大切だという考えはないし、そういうデータも日本には存在しません。大学に頼んで、そういうデータを研究してもらうようにしようと畠山さんは考えました。しかし、数百万円の費用がかかると言われたそうです。そんなときに、畠山さんのおかあさんがいつか船を新しくするために貯めていたお金を研究費にと出してくれたそうです。【自分のやり方を貫きなさい。人の真似は、失敗を人のせいに出来るけど、自分のやり方は人のせいには出来ないから】と言って。
 会場ボランティアをしている外で、公演している畠山さんの大きな歌声が聞こえて来ました。その歌声をきき、この人は自分のやり方を貫いてきたんだなと思いました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

発酵

1512533011284.jpg 1512533021516.jpg 1512533028738.jpg 30日のお餅つきには小田原でパン屋さんを始めるMさんのパン、厚木で麹屋さんを始めたIさんの麹、ボランティアに来られているHさんのかごをフリーマーケットで販売してもらいます。麹は、甘酒にするととても贅沢です。パン屋さんは伊勢原市のムールアラムールで修行した方です。Iさんは井上麹で修行していたので、麹は凄く良いですよ。  Hさんはタケノコ掘りしている竹やぶの竹から、かごを作ってしまいます。凄く器用です。  もう一人さくらの家福祉農園で、無農薬の野菜の苗を作ってるmさんにも来てもらえたら、発酵をさせている3人が揃います。mさんは土を発酵させて、苗土を作っています。Mさんはパンを発酵させています。Iさんは麹を発酵させています。醗酵男子がそろいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

堆肥作り

1512261908071.jpg

1512261918890.jpg

1512261928950.jpg
朝から落ち葉を集めて堆肥場に運びました。落ち葉は自然循環型有機農業で大切な役割をはたします。落ち葉や籾殻、ヌカ、地ビール工場のビール粕を混ぜて発酵させます。最初はビールのような匂い、そのあと、お醤油の匂い、最後は匂いがなくなります。まだ、堆肥場はで来ていませんが、自然は待ってくれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

小麦と乾麺

夏野菜を方つけて、畑を耕して、小麦をまく用意ができました。
今年もあと一月です。
収穫した小麦はとちぎの黒澤製麺所さんで、うどんに加工してもらっています。今は、乾麺がありませんが、製麺をお願いしている状況です。黒澤製麺所さんがとても忙しくて、麺が出来上がるのが2月になってしまうそうです。
1512193310058.jpg

1512193310827.jpg


 種子法が廃止になり、農業なんとか強化法というのが通りました。種子法廃止に伴って、一年か2年のうちに米、麦、大豆の種子が国策として生産されなくなります。また、農業なんとか強化法で、今後は民間で米、麦、大豆の種や育種が行われます。それがどうい意味を持つかほとんどの農家も消費者も分かっていません。
 お米や、麦、大豆は自家受粉するので、ちゃんと管理すれば毎年、種を農家が取る事ができます。だから、私もそうやって来ました。自家採種というやつです。しかし、これからは種の知的所有権を民間が持つ事になります。そうなると、農家は自家採種した種の知的所有権の特許料を毎年、払わないといけません。元大臣のお話だと一反2万円位だそうです。今年は5ヘクタールくらい、米、麦、大豆をさく付けしたので、役100万円を特許料として毎年、払わないといけなくなります。10年で1000万円です。どうして、こんな法律を通してしまったのでしょうか。農業を強くするという名前の法律は農家のコストアップさせる法律でした。そのコストは生産者価格として、消費者にまわざるをえません。
 この特許料を狙っているのが、モンサントなどの巨大農業関連会社です。特許を得た会社は家賃収入のように毎年、日本の農家からお金が入る仕組みです。
 ほとんどの人がそんな分けないと思っていると思います。私もそうあってほしくはありません。しかし、メキシコの農家はそれが現実となりました。とうもろこしは元々、メキシコの原産でした。しかし、メキシコはとうもろこしの特許をモ

ンサントに奪われました。だから、元々メキシコ原産のとうもろこしを栽培するのに、特許料をモンサントに払う事になりました。とうもろこしは、メキシコ人の主食だったのです。それから、fta協定をアメリカとメキシコは結び、関税なしのアメリカのとうもろこしがメキシコに大量に輸入されるようになり、メキシコの農業は崩壊しました。農民は仕事を失い、国境を越えて、アメリカの不法移民になり、今度はアメリカ人がメキシコの移民に仕事を奪われました。だから、アメリカでは移民に対して反発があって、トランプ大頭領が生まれたのです。
 ではメキシコの農家から仕事を奪ったアメリカの農家はどうかと言うと、あまりよくありません。アメリカの農家の8割が兼業農家です。アメリカの農家はほとんどが家族経営で100箇所に点在する農地を大型のトラクターでなん十キロも移動しながら作業しているそうです。アメリカの農家はほとんどが農業関連会社の下請けです。モンサントに出荷するにはモンサントの農薬、化学肥料、遺伝子組み換えの種を使用するのが義務付けられます。広大な点在する農地を家族労働でこなすには、強力な除草剤が必要です。そして、その強力な除草剤に耐性のあるように、サソリなどの遺伝子をとうもろこしに組み込んでいます。
 種の知的所有権は農家の存続に関わる事なのに、それを使って儲けようという人には売ってはいけません。市民や農家が種の知的所有権を持たないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »